収支を考えよう

自分の収支を考えてから借りよう

キャッシングは特に目的を決めなくてもお金を借りることが出来るので、近年利用する人が増えてきています。しかしこの手軽さが逆に大きな問題を生んでいるのも事実です。
キャッシングを利用すると早いところでは30分ほどでお金が送金されます。あまりの手軽さにお金を借りているという時間が薄れ、少しお金が必要になったらすぐにキャッシングを利用するようになり、知らない間に返済金額が膨れ上がって大変な事になっているという人が後を絶ちません。
キャッシングを利用する場合は、必ず自分の収支がいくらなのかを把握しておきましょう。そして収支から借り入れしたお金の返済額を差し引いて、それでも生活をしていけるのかを自分なりにシミュレーションし、大丈夫だと判断してから利用するようにしてください。

収支が不安定な人は借りれない

キャッシングを利用する際、どうして収支を考慮する必要があるのかというと、もう一つは収支が一定以上確保されない人はそもそも審査自体に合格するのが厳しくなります。 例えば審査ではパートの人よりも正社員の方が圧倒的に有利になります。パートの人は会社からいつリストラされるか分からないので不安定だからです。 そして、すでにほかの会社でキャッシングを利用し、返済をしている途中の人も審査には合格しにくいです。すでに借金がある状態なのに、更に借金をして返してもらえるという保証がどこにも無いからです。特に3社以上から借り入れをしている場合は、どこの会社に審査を依頼してもまず合格することはできません。キャッシングは必ず計画的に利用するようにしましょう。

© Copyright Repayment Period. All Rights Reserved.