賢いキャシングの選び方

返済方法で選ぶと失敗しない

キャッシング先を選ぶ際には、金利ばかりに注目しがちですが、返済方法が異なれば同じ金利であっても利息に違いが出ると知っておく必要があります。利息の計算方法は、借入元本に対して日割り金利を掛けて求めることが出来るので、毎月の返済額に占める元金返済充当額が多いほど、次回利息が少なくなるので金利が同じでも総利息を減らせます。
残高スライドリボルビング方式よりも元金均等返済がいかに早期完済を目指せるか、一度返済シミュレーションを行うと明確な違いが分かるはずです。元利均等返済や定率返済方式といった様々な返済方法があるだけでなく、キャッシング先によっては契約時に返済方法を選択出来る商品も存在します。返済方法を詳しく理解した上でキャッシング先を選べば、返済が苦しくならずに済むわけです。

随時返済のしやすさが大切

キャッシング条件が同一であっても、随時返済の利用しやすさに違いがあれば、総返済額に違いが生まれてしまいます。約定返済額は、最小返済額に過ぎないと知っておけば、カードローンという形態を採用している以上は、キャッシング借入を行った時に約定返済に加えて随時返済を追加して自由に返済額を増額可能です。
随時返済は事実上の繰り上げ返済となるので、証書貸付を行う一部の中小消費者金融では認められていませんが、キャッシングを専用ローンカードで行うタイプならば、随時返済をいつでも自由に行なえます。随時返済を好きなタイミングで細かく出来るキャッシング契約ならば、必要な金額を好きな時に借入し、臨時収入が入ればすぐに随時返済で元本をへらすことが出来ます。

© Copyright Repayment Period. All Rights Reserved.